SAKURA BLUE A GO GO

■performance

・タカダアキコ /from東京

1992年 「何か」がやりたくて闇雲に上京。
自主映画や演劇、インディーズのファッションショー
など とりあえず表現に関わることに色々参加中、
1993バイトでショークラブに入るも 踊りが下手すぎて
1995年よりベリーダンスをマハに師事。
なぜかそのままベリーダンスの仕事が増えベリーダンサーの道にシフト。
ダンスは基本にベリーダンスの胴体のうねりとアイソレーションを主軸に、
日本の舞踏的な要素、アニメーション的な要素、サーカス的なものや映画、
絵画へのオマージュを織り交ぜたオリジナリティの強いミクスチャースタイル。
エキゾティック 妖しさ 女性の強さ 儚さ 美しさ グロテスク 時空を歪める
可笑しさ 切なさ ロマンチック 等がキイワード
ファッション、絵画や造形、景色、香り、音楽、映画等からのエッセンスを踊りに落とし込み、
ダンス以外のジャンルのアーティストとの共演も多い。


・レオナ (タップダンサー)/from東京

平成元年、東京下町うまれ。幼少の頃よりタップをはじめ、 16才の春 渡辺かずみ(tap)氏に出会い、タップの虜になる。
高校卒業とともに、NYへ修行に出る。
CHICAGO、L.A、東京にて行われた"Cutting Contest"で、出場した全戦で優勝。 10代よりソロ活動を開始。
2011年、「タップがあって成り立つ音楽」をテーマに 「レオナトリオ [田ノ岡三郎(acc)/田嶋真佐雄(b)] 」を結成。
この頃から作曲を始める。自身のタップ論、経験が大いに反映されている。
これまで、Tokyo International Tap Fes、Downtown Dance Fes(NY)、L.A Tap Fes、横濱ジャズプロムナード(板橋文夫オーケストラ)等、出演。
NTD、TITFなど、日本を代表するタップダンスショーではアンサンブルの振付もつとめた。
現在、リーダートリオ「濤踏〜TOTO〜 [板橋文夫(pf)/瀬尾高志(cb)]」や、林栄一(as),瀬尾高志(cb)とのトリオなどを展開中。
自身の企画では、「うごめく (酒井俊meetsレオナ)」、「御乱心さんが いっぱい」、「SEXUAL POWERFUL EXCITING 〜フリージャズ★ミュージカル〜 (タップダンスと猥雑を、フリージャズで混ぜこぜる。がテーマ)」等 主催。
タップダンスとしては稀有な、どソロライブ(バンド、音源、振付、構成、すべて無しの、即興ライブ)も行なう。
日本各地でのライブやWSは元より、NY・Canadaでライブ、印度・香港・台湾でWSを行なっている。


・林栄一(アルトサックス)/from東京

中学時代ブラスバンドでサックスを始める。
17才でプロになり、ビッグバンドやR&B バンドで修行を積む。
1980年、山下洋輔トリオにプラスワンとして参加し、83年のヨーロッパツアーの演奏はライブ盤として発表される。
1990年、自己のバンド MAZURU を結成し、同名の初リーダーアルバムを発表、ドイツニュールンベルグジャズ祭に出演、好評を博す。
現在に至るまで日本を代表するアルト奏者の一人として幅広く活躍し、その唯一無二な音は渋谷毅オーケストラ、板橋文夫バンド、石渡明廣マルハウスなどでも欠かせない存在である。
自曲の3管アレンジを聴かせるGATOS Meetingは2012年に同名のアルバムを発表。
また様々なセッションを通じて林流インプロあるいは林流モンクをも追求し続ける。
2015年7月には、アレンジャーとしての集大成である13人編成の林栄一MAZURU北海道Orchesterを率い、北海道中のフリージャズファンが集まったともいわれる大観衆の喝采を浴びる。
代表的アルバムとして、de-ga-show、Monk's Mood、音の粒、MAZURUの夢、森の人、Birds and Bees、鶴、融通無碍 を始め、多数の作品を発表している


■MC/cabaret performer.アコーディオン弾き語り

・ゴトウイズミ /from広島

http://gotoizumi.net/
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語りと、シアトリカルを中心としたバーレスクパフォーマー。
アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC業、CMのナレーション、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、映画制作などを展開しながら広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。


■MC/パワフルパフォーマー

・アイハラミホ 。/from東京

3歳から子役として演技を学び、その経験を生かして現在は役者、パフォーマンス、司会業と表現の幅を広げ活躍。
役者としては板尾創路監督映画『月光ノ仮面』ではお亀役を体を張った演技で注目をあつめる。
「皆様に笑顔と驚愕を」をテーマに歌謡曲で踊り狂う。そのパフォーマンスを見れば、誰もが圧巻。
喜怒哀楽を体全体で表現し、多くの人を魅了しています。振り付け、演出など全てを担当し、多岐にわたり
その姿は、唯一無二の存在です


■ポールダンス

・Sumi /from神戸

2015年まで関東を中心に活動。これまでに銀座、六本木、渋谷などで主にポールダンサーとして数々のイベントに出演。
バレエ、ジャズ、コンテンポラリーなどの幅広いダンスのバックグラウンドと抜群のスタイルが最大の魅力で、ショーガールとして舞台に上がればドラマティックかつセクシー、そして品格あるショーで観るものを圧倒する。
現在は関西に拠点を移し、フリーのインストラクター、ダンサーとしてパーティーやイベントなどで活躍中。


■Burlesque Dancer

・Coppelia Circus / from東京

日本のバーレスクシーンを彩る変幻自在のミスエンターテイナー!
その豊かな表現力やオリジナル衣装には定評があり個性溢れるステージを作り続けている。
2009年より「FUJIROCK FESTIVAL」JVC FORCE TYOのDJステージにてショー演出・出演を務め、2016年に同ステージで誕生した “The Cabaret Cats' Revue” では団長として意欲的に活動中。また、毎年ラスベガスで開催されるバーレスク世界大会「Burlesque Hall of Fame Weekend」へはソロ・“CIRCUS DE MOCCOS“(デュオ)で数度ファイナリストにノミネートされるなど、海外各地でも活躍の場を広げている。
−When the Circus curtain rises, the show time begins!
Official Website → http://by-c.main.jp/


■Belly Dance
⚫︎Tribal dance
・Mayu Kato /from神戸

2007年、ベリーダンスに出会う。
2009年よりATS®️をKae Montgomeryに師事。
2012年8月にSalimpour Studio(Bay Area)にてSalimpour Fortmat Lv.1Certificationを取得。
2014年以降カザフスタンへ渡り、Tribal FusionをOlga Meosに師事。
カザフスタンの首都アスタナで開催されるTribal Fectival"TRIBAL_KZ"へ毎年参加。
2017年にはOlga Meosを日本へ招聘し、地元神戸でTribal Festival”TRIBAL.KB”を開催。
2018年は自身初となる海外WSをTRIBAL_KZⅧで開催。
フィンガーシンバルを使ったパフォーマンスを得意とし、現在はTribal Fusion、ATSのクラスを神戸にて開講中。

・ASHRAQAT(Asako)/from岡山

ベリーダンスアトリエ麻ノ葉 主宰
2007年よりYasmeenに師事。
同岡山校にてダンサー、インストラクター、岡山校責任者を務めたのち
2015年よりベリーダンスアトリエ麻ノ葉を開校。
タカダアキコ、Huleya、Almaz of Cairoを始め、国内外を問わず様々なダンサーのWSを受け、学び続ける。
オリエンタルを追求する傍ら、独自の世界を展開するフュージョンを得意とする。
生演奏でのパフォーマンスも大切にしており、バイオリンとパーカッションとダンスのユニット、[△-misumi-]では、ベリーダンスの醍醐味であるオリエンタル音楽、バルカン系ジプシー音楽だけでなく、即興アンビエント音楽など実験的なパフォーマンスも展開する。
2018年よりAlmaz of CairoよりダンサーネームをいただきASHRAQAT(アシュラカト)に改名。
[ 受賞歴 ]
2016年 Kansai Bellydance Competition トライバルフュージョン部門 奨励賞
http://www.atelier-asanoha.jp/

■Music

・△-misumi- /from岡山

岡山を中心に活動中のベリーダンス(ASHRAQAT(Asako))、バイオリン、パーカッションの3人組ユニット。
踊りと音楽が一体となったパフォーマンスを目指し2015年に結成。
アラブ音楽、東欧などの民族音楽、オリジナル曲をレパートリーとして様々な舞台に挑戦している。
・Chinatsu(バイオリン奏者)
・島田 しげる(レク、フレームドラム奏者)


・嶋田徹/アラブパーカッション ダルブッカ

and more..









BACK