Sakura Blue Dance Event Project

The Dark Side of Velvet(裏ベルベットな夜)

人は誰でも別の顔がある
日常と非日常の狭間で見える物は?

2014.08.31(sun)

開場 17:30
開演 18:00
終演 22:00

前売り
男性 7300円
女性 5300円
1ドリンク代が別途必要です

当日
席があれば500円UP

限定 60席

ご予約希望の方は下記までお申し込みください

info@5522.jp

パソコンメールが受信出来るように設定して送信してください。
折り返し振り込み口座をお知らせします。
入金の確認が出来て申し込み完了になります。
1営業日を過ぎても連絡がない場合は設定か迷惑メールフォルダーをご確認ください。


出演者

・上条早樹   緊縛
・牧瀬茜     踊り子
・篠宮紫穂   フェティッシュ
・中嶋魅鳴   炎舞・舞祷家
・結城彩     SM緊縛
・ぺちこ     バーレスク
・ミラ嶺花    緊縛・フェティッシュ
・axe       フュージョンベリーダンス
・Hiroko(Dance Company BLUE ROSE)  Sexy Art
・& womb    ポールパフォーマンス
・櫻井武司   ディジュリドゥ
・Hikaru     バイオリン


開催場所
CAFE NEWYORK NEWYORK
大阪市北区堂山町10-3 東通りビルディング2F




主催
GO2
tel 06-4708-6557
mail info@5522.jp
http://www.5522.jp/

Sakura Blue Dance Event Project
http://www.sakurablue.jp/


上条早樹




篠宮紫穂
witasexalice
大阪キタの歓楽街に佇むこの世界で1番優しい暗闇【bar】ウィタセクストピアのオーナー篠宮紫穂の率いるフェティッシュパフォーマンスユニット。耽美、退廃的なエロス、美しいものと醜いものが交差する究極の美を表現。2002年より関西のアンダーグラウンドイベントで活動中。
http://witasexutopia.com/




結城彩
大阪府出身、在住。
有名SMクラブを経て数多くのマゾヒスト達を虜にしてきた「稀代のプレイヤー」。
現在は「劇団阿片窟」を主催、SMパフォーマーとして全国で活躍中。
劇場、パーティー会場、club、ライブハウス等、コアなSMからコメディまで場所や客層を選ばず多彩なショーを繰り広げている。
独創的かつ毒創的なパフォーマンスで全国のマゾヒスト達を虜にし続ける関西を代表する女王。




ミラ嶺花
ミラ嶺花「Nymphetamine」のショー、パフォーマンスは、緊縛・SM・Fetish Art だけに留まらず伝統文学や黒文化・耽美的な世界観を優雅に表現し、ダイナミックでエッジの効いたストーリー性の有る独特のパフォーマンスを2011年より関西を中心に活動。
現在大阪にある「泡沫の密室」SMサロンと縄会を主宰、パフォーマンスそれに加えてクラブミストレスとしても活躍中
http://milla-reika.jp




牧瀬茜
ストリップパフォーマー。作家。
1998年から2012年までの14年間は日本全国のストリップ劇場中心に日本全国を巡りながら舞台に立ってきました。
現在はカフェやライブハウス、お祭りなどで踊ったり、芝居に出たり、他ジャンルのアーティストとコラボレーションをしたりしています。
著書に「歌舞伎町で待ってます」(メタモル出版)、「すとりっぷ人生劇場-ストリップ劇場に生きる男たち-」。その他、写真を撮ったり絵を描いたりもしています。




中嶋魅鳴
闇に愛され 焰に愛でられ
呪いを念い 祈りに燃える




ぺちこ
2011年よりキャバレーショー 大坂レトロ座や体現少女天憑のメンバーとして活動。
関西最大級のフェティッシュイベントFarplane nightなどでキャバレーショー出演、その他ゴーゴーガールやハードコアイベント MORTAL COMBATなどでテキーラガールなど関西を中心に幅広く活動。
2013年大坂レトロ座が活動休止に入りソロ「ぺちこ」としてコミカルでポップでキュートな変身をテーマにバーレスクシーンで活躍中。




axe
2007年より様々なアーティストとの即興のライブセッションを続ける
Fusion Belly dancer
妖艶で優雅に音と空間を融合させる
2010年からはダンス衣装のファッションブランド【HIKARI】のアンバサダーとして、ダンス部門のコーディネートを行うなど、更なる活動の幅を広げている。




Hiroko(Dance Company BLUE ROSE)
妖艶な踊りを得意とした“大人の魅力”が武器のセクシーアートダンサー。陰と陽に分けるなら彼女の踊りは間違いなく陰であり、また静である。 内に秘めた力強さと儚げな雰囲気は、フェロモンと呼ぶに相応しい。




& womb(アンド ウーム)
MECAV&じゃくそんによるPole dance Performance Project
ポールダンスを軸として集る人が織りなすエンターテイメント




櫻井武司(ディジュリドゥ演奏家)
寺社仏閣での瞑想的演奏から、ゲーム音やアニメなどの影響から奏でられる変態的即興演奏まで幅広いプレイで活動するディジュリドゥ奏者。
現在、日本を代表するディジュリドゥ奏者の一人、NATAに師事。
伝統奏法と新しい表現の融合を目指している。




脇田 輝(ヴァイオリン)
世界中の音楽に用いられるヴァイオリンに魅力を感じ、10代の頃から演奏を開始。関西を中心にバンド活動、ダンスの伴奏などを経験。その後、北インド古典音楽の曲線美に魅了され、インドを代表するヴァイオリニストであるN.Rajam女史に2013年より師事。旋律を曲線的に歌い上げる奏法の習得を通じて、一つの弓奏楽器としてのヴァイオリンの魅力を追求している。
http://hikaru-wakita.blogspot.com/ (Blog)











BACK